健康維持にフィットネスクラブ?


お腹健康を維持するという目的で、現代人にとって問題点と指摘されるものに、運動不足とストレスがあります。肉体労働を行っている人であっても、成人病は多く、ある程体を酷使しているのに関わらず運動不足は存在しています。土木、建築業などは体形が良い人が多く、運動不足とは無縁のように思われますが、彼らは一部の筋肉は繰り返される作業により発達していますが、現場内を歩くくらいで下半身は使いません。

足場などから落ちないように足を使っているように見えるのですが、足場を固定するために足を使うというのは、足の一部の筋肉は使用しているのですが、全体的には動いていませんので運動不足になってしまうのです。肉体労働という肉体を酷使する仕事のかたでもそうなのですから、デスクワークが多い一般の会社勤めのかたは、運動不足になって当たり前だといえるでしょう。

決まった運動を行っていない昔の子供はどうでしょう?昔の子供たちは、とにかく遊びが一番でありとにかく走り回っていました。落ち着きがないといったらそれまでですが、とにかく一所にじっとすることは少なく動き回っていました。決まったスポーツをしなくても、常に体を動かしている。そうすることにより運動不足ではなかったのです。学生になると体育や部活がありました。ですが社会人になるとそのような機会は少なくなりますし、週末に1度程度では間に合いません。運動不足を解消するには自分で何かを行動しなくてはいけないのです。運動不足やストレスを解消するために、フィットネスクラブが良いといわれています。その理由を次の項からは触れていきましょう。


☆関連記事☆

  1. 施設面の多様さ
  2. まずは見学から
  3. スタッフの充実